花 の 色 は うつり に けり な いた づら に わが身 世に ふる ながめ せ しま に。 【百人一首講座】花の色はうつりにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに─小野小町 京都せんべい おかき専門店【長岡京小倉山荘】

【百人一首講座】花の色はうつりにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに─小野小町 京都せんべい おかき専門店【長岡京小倉山荘】

に しま けり 色 ながめ な いた に ふる 世に せ に うつり づら 花 わが身 は の

・「し」…過去の助動詞「き」の連体形 まに ・ま…間(あいだ)のこと。 いつの間に年とっ ちゃったんだろ」なんて誰もが考えますよね。

6

花の色はうつりにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに/小野小町

に しま けり 色 ながめ な いた に ふる 世に せ に うつり づら 花 わが身 は の

強いて言えば、自身を花の如き美人であることをほのめかしているともいえなくはない。

9

花の色はうつりにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに/小野小町

に しま けり 色 ながめ な いた に ふる 世に せ に うつり づら 花 わが身 は の

付近には小町ゆかりの史跡が数多く残されています。 3月の最終日曜日 には小町に扮した少女が踊る「はねず踊り」が行われるようです。

18

花の色はうつりにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに/小野小町

に しま けり 色 ながめ な いた に ふる 世に せ に うつり づら 花 わが身 は の

和歌ではよく用いられる掛詞。

14

花の色はうつりにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに/小野小町

に しま けり 色 ながめ な いた に ふる 世に せ に うつり づら 花 わが身 は の

「花の色」-「うつる」、「眺め」ー「長雨」-「降る」-「経る」がそのあたりである。 日本三大桜のひとつ、 山梨の は 樹齢千年~二千年、 毎年綺麗な花を咲かせます。 毎年、お花見へ行かれる方も通りの桜を眺めて楽しまれる方もちょっと気に留めておいてください。

(9)花の色は うつりにけりな いたづらに

に しま けり 色 ながめ な いた に ふる 世に せ に うつり づら 花 わが身 は の

一方では、小野小町は、結婚ができない宮中、特に後宮の女官のような立場であったという説もあるので、あるいは和歌に恋愛へのあこがれを詠みながらも、自由な立場で実際に恋愛をできるような人ではなかったとも言われている。 もじり百人一首解説 【 もじり歌 9 】 9の歌 『 花嫁も うつりて姑 いびる日々 わが身年ふけ 思いせしまに 』 原作品・・・「 花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに 」 花嫁も・・・ うつりて姑・・・ いびる日々・・・ わが身年ふけ・・・ 思いせしまに・・・ 花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに• むなしく の意味 ・ふる・・・経る 過ぎる の意味 ながめせしまに ・この「ながめ」は名詞なので「せ=す」が付いて動詞として機能する。

14

花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに

に しま けり 色 ながめ な いた に ふる 世に せ に うつり づら 花 わが身 は の

【特典3】京都情報や百人一首など特別コンテンツの配信いたします。