阪急 脱線 事故。 阪急神戸線で踏切事故 六甲駅付近で衝突し脱線 軽トラ大破で現場騒然

阪急電車が脱線 神戸線で車と衝突、けが人なし

脱線 事故 阪急

この事故で死傷者は出なかったものの、激しい火災の消火と、炎上を免れたタンク車からの燃料の抜き取り作業や復旧作業に手間取ったことから復旧が遅れ、中央線は丸1日ストップした。 乗客らが7名死亡、重軽傷者は20名以上となった。

5

阪急神戸本線 六甲駅付近で脱線事故の情報相次ぐ

脱線 事故 阪急

籠原電車区構内脱線事故 [ ] 1968年(昭和43年)11月23日5時40分ごろ 籠原電車区(現・籠原派出)で発行き普通列車に充当する所属165系10両編成が出区線から移動中にポイントが切り替わったため8・9両目が脱線した。 電車運転士は衝撃直前に非常制動を執っており、衝突時の速度は低かったものの、バスの乗務員乗客7人が死亡、上り急行電車の乗客13人が負傷した。 事故原因は諸説 あるが、トンネル突入時にパンタグラフが急降下して折り畳まれたことで、パンタグラフと架線との間にできた僅かな隙間にが連続発生したことで架線を溶断して垂下させ、最後尾のモハ62001の屋根に接触したことで全車両へと燃え広がったものと推定される。

19

阪急電車が脱線 神戸線で車と衝突、けが人なし

脱線 事故 阪急

事故は運転士が停車を失念していたことが引き金であったが、奈井江駅の助役が停止合図の赤旗をホームで振っているのを無視した上に、踏切が駅を出発する列車の汽笛を合図に手動で閉めることになっていたため、ダンプカーの横断を止めることができなかったことが、事故の原因となった。 阪急神戸線 御影駅〜六甲駅で脱線事故が発生し、騒動に 11月23日 阪急神戸線 御影駅〜六甲駅で脱線事故が発生。 南海電鉄高野線置石脱線事故 [ ] 1966年(昭和41年) 20時25分ごろ 大阪府堺市香ヶ丘町の - 間の橋梁南詰付近で、発行き直行電車(4両編成)が線路上に置かれた重さ約20 kg の石に乗り上げ、1両目が脱線し、架線の鉄柱に衝突した。

【踏切事故】阪急神戸線「六甲駅~御影駅」間の踏切で電車が事故|事故の原因は?現場はどこ?現場の動画や画像はある?11/23

脱線 事故 阪急

(共同). なお、本事故で被災した車両のうち、253が翌(昭和44年)に廃車となっている。

阪急神戸本線 六甲駅付近で脱線事故の情報相次ぐ

脱線 事故 阪急

南海電鉄男里川橋梁列車脱線転落事故 [ ] (昭和42年) 大阪府泉南町(現・)の「9号踏切」で、発行き下り急行電車(5両編成)が、大型車に対する通行規制はないものの狭い同踏切に進入しエンストした大型トラックの立ち往生 に気付き非常ブレーキをかけたものの間に合わず衝突し脱線転覆。 乗客約120名のうち17名が死亡、69名が負傷した。

14

阪急電車が脱線 神戸線で車と衝突、けが人なし

脱線 事故 阪急

鹿児島本線基山駅貨物列車脱線事故 [ ] (昭和37年) 21時10分ごろ の3番線から、若い男女がを図り進入してきた下り181貨物列車に飛び込んだ。 先頭の機関車が下り本線を支障した直後に三河島駅を1分遅れで出発し下り本線を進行してきた上野発取手行きの下り電車と衝突し、脱線した下り電車は上り本線を支障した。 このため本来は急行列車用のを急遽特急「」に充当したほか、廃車代替として急遽サロ150-3を先頭車化改造して対応した。

2

【脱線事故】阪急神戸線 御影駅〜六甲駅で人身事故が発生・・・現地の状況がtwitterで拡散される

脱線 事故 阪急

8000系で良かったと思う。 東武伊勢崎線バス衝突事故 [ ] (昭和41年) 埼玉県のより北約120 m離れた赤山踏切において、越谷駅行きに日光発浅草行き特急けごんが衝突、バスは約135 m、越谷駅ホームまで引きずられ大破、列車も最後尾の1両を残して脱線した。

4