Fc 東京 バレー。 FC東京オフィシャルホームページ

FC東京オフィシャルホームページ

東京 バレー fc

5 19 7 4 30 チャレンジマッチ FC東京 2 6 34 19 6 55. 人件費は事業費に含まれる。 6-12 へ期限付き移籍 ヘッドコーチ 2000-2001 ヘッドコーチ 2000-2001 1999-2002 コーチ 1999-2002 1998-2003 サッカー部 監督 2001-2003 明光サッカースクール コーチ 2004 期限付き移籍での加入 フットサル 2000-2005 2002 へ、 2004 へ期限付き移籍 コーチ 2002-2005 2002-2005 2004 へ期限付き移籍 ヘッドコーチ 2004-2005 2005-2006 2006 へ期限付き移籍 2002-2006 2003. 8-12 へ期限付き移籍 FC東京 普及部コーチ 2008 2005-2009 2004 登録、 2008. 4年ぶり2度目となるACL本戦出場権を掴んだ。

14

FC東京

東京 バレー fc

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考 1 SAKODA OH 2 TAMAYA S 3 TACHIBANA L 4 YAMADA S 5 INOUE MB 6 OHMI OH 8 KURIYAMA MB 9 TEZUKA OH 10 TAICHIRO L コーチ兼任。 第1戦をストレート勝ちし、第2戦で1セット先取。

小田嶋 大貴

東京 バレー fc

リーグ戦序盤はなかなか勝てなかったものの、中盤に入るとフィッカデンティの戦術が浸透し、試合運びが安定。 2004年のJリーグヤマザキナビスコカップ決勝 国内タイトル• チームスローガン: Moving Football 〜心をひとつに〜 城福体制3年目。

10

FC東京

東京 バレー fc

は決勝トーナメント進出を逃し、では準決勝での末に敗れ3位に終わった。 また、MFがから加入し、ユースからは、、が昇格。

3

【バレー】FC東京・古賀太一郎「充実した時間を過ごしている」佐藤望実「自分が決めるとチームが上がる」 V1男子会見(バレーボールマガジン)

東京 バレー fc

月刊バレーボール2015年12月号臨時増刊 Vリーグ観戦ガイドブック 92-93ページ• OP MB 0S 0L 0R• 序盤こそ順調に勝ち点を稼いでいたものの14節清水エスパルス戦から6試合未勝利、その後22節のヴィッセル神戸戦から4試合未勝利と成績が低迷。 出典: 各年度のJクラブ決算一覧。

FC東京バレーボールチームの歴代選手・スタッフ一覧

東京 バレー fc

- 、権田修一• 5 281 22 12 315 レギュラーラウンド FC東京 27 89 629 281 44 44. LEAGUE DIVISION1 MEN FC東京 27 72 95 48 4 50. 8-12 へ期限付き移籍 2012-2013 2012-2013 ビーチサッカー選手 2008-2016 2012 へ期限付き移籍 FC東京 強化部スカウト担当 2010-2016 2008-2009 特別指定選手登録 2010-2016 2011 へ期限付き移籍 2012 へ期限付き移籍 2013 へ期限付き移籍 2014 へ期限付き移籍 2016 へ期限付き移籍 2016 2017 へ期限付き移籍 2012-2017. 第4節の湘南ベルマーレ戦より新戦力のディエゴ・オリヴェイラがチームにフィットし始め長谷川健太が掲げる「ファストブレイク」戦法も定着した事もあり第20節のヴィッセル神戸戦まで順調に勝ち点を稼ぎ続けていた。

FC東京オフィシャルホームページ

東京 バレー fc

1-8 へ期限付き移籍 2000 2000 FC東京 普及部コーチ 1993-2001 2001,9-12 へ期限付き移籍 FC東京U-15深川コーチ 2000-2001 サッカー解説者 2001 フットサル部 監督 2000-2002 2000,9-2001 へ期限付き移籍 スタッフ 2001-2002 監督 2002 ボタフォゴFC 2002 2002. 6 期限付き移籍での加入 2014-2015 2013 登録 2015 期限付き移籍での加入 2016 2016. LEAGUE DIVISION1 MEN 2018-19 FC東京 27 89 629 281 44 44. 8 243 37 32 312 レギュラーラウンド FC東京 21 83 542 243 51 44. 2004年 チームスローガン: 攻激、攻劇、攻撃サッカー。 シーズン終了後、がへ期限付き移籍で退団した(その後完全移籍)。 ナビスコ杯、天皇杯は共にベスト8で終了。

12

小田嶋 大貴

東京 バレー fc

2007年• :2回• しかし、ナビスコカップを勝ち上がったことによる過密日程や アマラオの負傷欠場によって 、終盤には4連敗を喫してJ1昇格圏外へ追い込まれた。 シーズン終了と共に倉又が監督を退任(U-18監督へと復帰)。

16

【バレー】FC東京・古賀太一郎「充実した時間を過ごしている」佐藤望実「自分が決めるとチームが上がる」 V1男子会見(バレーボールマガジン)

東京 バレー fc

に6人制バレーボール部に変更。 なお、この年がに成功。 2013年9月• 、、、を相手に4連勝。

9