緩衝 読み方。 通気緩衝工法(つうきかんしょうこうほう)とは

「重錘」の読み方がわかりません

読み方 緩衝

軽い割に衝撃吸収能力にも優れていて、多くの商品に使われています。

7

「緩衝」の意味と使い方|例文5例・類語・干渉との違い

読み方 緩衝

また、生物体内にも緩衝液は標準的に備わっています。

15

「重錘」の読み方がわかりません

読み方 緩衝

坂戸孝志への直接指導、施術について 現在、研究活動や後進育成に専念しており、坂戸孝志による直接指導や施術は承っておりません。

「重錘」の読み方がわかりません

読み方 緩衝

また緩衝(かんしょう)のように「緩(かん)」が用いられている言葉には、 「緩怠(かんたい)・緩和(かんわ)・緩慢(かんまん)・緩急(かんきゅう)」などがあります。

2

記号の読み方辞典(音訳の部屋)

読み方 緩衝

次の章で緩衝の意味と類義語について解説していきます。 例文5:緩衝地帯 「緩衝地帯」とは、国どうしの衝突を避けるため、国境沿いをどちらの持ち物でもない中間の土地とすることです。

「重錘」の読み方がわかりません

読み方 緩衝

三省堂発行の『記号の事典-セレクト版』は多くの記号を集めています。 「緩」を訓読みすると、「緩い」となります。 なぜなら、外界の影響を受けて体液のpHが大きく変わってしまうと、命に係わる危険な状態に陥る可能性があるからです。