フロム 愛する という こと。 【実体験】エーリッヒ・フロム「愛するということ」を通じて「愛」を探求する

『愛するということ』の書評とサクッと要約|愛とは与えること

こと フロム 愛する という

人間を知るという問題は、神を知るという問題は、神を知るという宗教的な問題と並行関係にある。 「恋に落ちる」すなわち運命的な出会いを果たすことができれば、その人を一生愛していけると思っている人が大半だということ。 もちろん仏教も真理を追求はするが、「全知全能の神」という概念はない。

1

エーリッヒ・フロム著 「愛するということ」を読んで|なんちょび|note

こと フロム 愛する という

成熟した人間同士であれば、ありのままの自分として相手と向き合うことができ、お互いに相手の価値観やスタイルを認め合うことができるのです。 同じ理由でフロムは 「忍耐」についても語っています。

1

本「愛するということ」の感想

こと フロム 愛する という

相手を幸せにしたいと思うのは当たり前のことだと思われるかもしれない。

『愛するということ』の書評とサクッと要約|愛とは与えること

こと フロム 愛する という

どうせ、別れるんだからっと言いたいこと全部、書きましたよ。

19

エーリッヒ・フロム著 「愛するということ」を読んで|なんちょび|note

こと フロム 愛する という

工場労働者に扮したチャップリンが陽気に歯車の中を流されながらも作業を続けるシーンは、観たことがある人も多いでしょう。

16

本当の愛とはなにか。エーリッヒ・フロム「愛するということ」

こと フロム 愛する という

いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。 必要な要素を学んだら、それを実践し能力を高めることで徐々に、愛する能力が身についていきます。 たいていの人は、相手の話をろくに聞かずに、聞くふりをしては、助言すらあたえる。

人を愛するということの意味は?本当に誰かを愛する技術・おすすめの本も

こと フロム 愛する という

そして人はどのように孤独と向き合うべきか、よりよい人生を送るためのヒントを探っていきます。 どんな活動でも、それを集中してやれば、人はますます覚醒し、そして後で、自然で快い疲れがやってくる。 現代人はむしろ三歳児に近い。

エーリッヒ・フロムの名言。『愛するということ』著者の言葉

こと フロム 愛する という

しかし、時間つぶし以外には、浮かせた時間をどう使っていいのかは分からないのである。

13