2019 年 免許 返納。 19年の運転免許証の自主返納は高齢者が増加傾向になっている

2019年の運転免許証の返納が60万人を超える。前年の1.4倍に急増

免許 返納 年 2019

だがその後は減少に転じている。

16

高齢ドライバーの運転免許自主返納が増加

免許 返納 年 2019

これはホラー映画のワンシーンなどではない。 高齢ドライバー本人やその家族からの相談を安全運転相談ダイヤル「 8080(シャープハレバレ)」で受け付けており、「運転に不安を感じたらまずは相談を」と呼びかけています。

2

【飯塚幸三効果】免許返納が過去最多、2019年60万人 高齢者事故影響か

免許 返納 年 2019

免許更新の際の認知機能検査に加えて、国の責任で明確な基準をつくるべきで、その基準にのっとって免許証を返納するのであればみなが納得しやすいのではないでしょうか」として免許証の返納の客観的な基準をつくるよう提案しています。

8

2018年の運転免許証の自主返納は42万件。「75歳以上」の割合は7割

免許 返納 年 2019

高齢ドライバーによる事故急増は本当か? 2019年3月、東京都豊島区東池袋。

高齢者の運転免許の自主返納 着実に進展も、地域格差は広がるばかり(鷲尾香一): J

免許 返納 年 2019

75歳以上の返納が全体のおよそ6割を占めています。 高齢者の返納を勧めるならば方法を再考すべきだろう。 ただ、こうした「老い」はゆるやかな変化としてやってくるため、自分自身ではなかなか認識しにくいものかもしれない。

14

運転免許統計を見ていて気づいたこと(1)2019年に大きな変化が2つ起きていた

免許 返納 年 2019

一方、免許保有者数が減ることで起こるデメリットは、まず物流への影響であろう。 15万人の減少は、8200万人に対して0. この運転免許返納の地域格差には、簡単に解決することが難しい「高齢者が運転免許を返納した後の移動手段が確保」という問題が大きくのしかかっている。

9

2019年の免許返納が過去最多 高齢ドライバー事故の社会問題化で

免許 返納 年 2019

5%と最も多くを占めました。

11