三好 長政。 なぜ織田信長は三好康長(康慶)を重用し続けたのか?

三好宗三

長政 三好

『続応仁後記』は、一人目の妻との離縁について、「不縁の子細有りて、妻女別離」と記述している。 永禄5年(1562年)8月には幕府の政所執事である伊勢貞孝が畠山・六角の両家と通じて京都で挙兵したため、9月に松永久秀・三好義興の率いる三好軍によって貞孝は討たれた。 しかし同年8月、足利義澄が死去し、三好之長らは再起した細川高国と大内義興とのに敗れ、阿波に落ち延びた。

16

三好三人眾

長政 三好

波多野秀忠の娘とは離縁し、長教との同盟のために政略結婚をしたのです。 けれども三好長慶はこの入城以降は 生涯阿波に帰国することなく、 摂津を新たな本拠とするのでした。 しかし、によって横田一族は滅び、義資の息子・義紹もその戦いの中で討ち取られた。

18

三好長慶

長政 三好

<楠木正行公の像> その本曲輪下以外にも石垣がありますが、 これは土塁止め程度と推測されていますが、 この本曲輪下の石垣は滝谷、 東側からの防御用の可能性も 指摘されているそうです。 若狭守の子孫は佐伯藩士三好氏として続いた。 細川兩家記• またこれで聡明丸を京都に置いておく事に不安を感じ、に越水城へ移している。

「三好長慶」細川氏に代わり、政権を樹立した日本の副王。

長政 三好

そして8月1日に高屋城、 8月4日に などを落とし、 畠山高政を河内守護として復帰させ、 安見宗房を大和国に追放して 自らと通じた を守護代としました。

20

三好政康 Miyoshi Masayasu

長政 三好

これに応じた門徒は、 総勢3万兵に及ぶ大軍だったとも 伝わっているそうです。 はに市原胤吉、に三好家長、に塩田胤光、に森長秀、に逸見政盛と推定され彼らを元長の大叔父・三好一秀がまとめている構成にあった。 天文8(1539)年、長慶は兵を伴って入京し、晴元を酒宴に招きました。

三好氏

長政 三好

長慶は将軍・足利義輝と長年争ったが、長慶の義輝に対する対応は寛容・微温的であったとされる。 三好政長の長兄新五郎は、叔父で本家当主であった三好之長に従い等持院の戦いで細川高国( 細川京兆家15代)に敗れ、之長と共に処刑されている。 よって、類では長家の実名は「三好勝長」とされることが多いが、「長家」が正しいことがわかる。

17

三好長逸 Miyoshi Nagayuki

長政 三好

この最中の享禄3年(1530)は播磨進攻中謎の刺客に暗殺された。 当時12歳の三好長慶が 和睦を周旋したと伝わっています。 しかし、賢治の京都支配はあっさりと終焉を迎える。

5