イレッサ 薬害。 法務省:イレッサ訴訟

くすりの話 136 薬害「イレッサ」訴訟について

薬害 イレッサ

イレッサと間質性肺炎の因果関係が明確になったのは、市販後に通常ではあり得ないほどの間質性肺炎の症例が相次いだためである。

6

イレッサ薬害

薬害 イレッサ

承認と販売開始 [ ] 2002年1月25日承認申請、7月5日に承認され同月16日販売が開始された。 その一方で、発生頻度 何人中何人が発症するか や発症傾向 予後がどれだけ悪いか を正確に把握することは困難だったとも認定している。 薬害オンブズパースン会議に相談のあった31歳の娘さんを亡くされた方は自分でインターネットを調べてイレッサがよく効きそうだと、主治医にお願いして使ってもらったという。

4

Vol.340 イレッサ事件から何を学ぶべきか?その一

薬害 イレッサ

厚生労働省報道発表資料• 承認当時、イレッサの間質性肺炎は死亡のおそれのある副作用だとの認識だったので、死亡のおそれのある副作用と同程度に警戒すべき副作用だと警告できれば、国の認識とほぼ同じ内容の警告を発したことになろう。 なお、「第1回薬害フォーラム」の記録は、2000年10月10日により発行された書籍「薬害が消される!」~教科書に載らない6つの真実~の中で紹介されています。

9

薬害イレッサQ&A

薬害 イレッサ

「ほかに治療法はないのか、何とか娘を助けられないか」という一心で、インターネットのがんサイトにアクセスしては情報を集めるうち、「イレッサという夢の新薬がいよいよ承認されるらしい」という情報を近澤さんがはつかんだ。

11

イレッサ薬害

薬害 イレッサ

判例 事件名 損害賠償請求事件 事件番号 平成24 受 293 2013年 平成25年 4月12日 判例集 裁判要旨• がんサイトの掲示板には「かなり前から個人輸入しています」「1日1錠を服用するだけで、あとは普通の生活ができる。 がん難民があふれている現状を考えれば、個別の医師だけの責任を問うのは行き過ぎかも知れません。 また、厚生労働省の審査期間も半年のスピード審査であったことについて、日本のマスコミ各社はこぞって称賛した。

2

薬害イレッサQ&A

薬害 イレッサ

確かにイレッサの場合、中にはこの薬によって腫瘍が縮小したり、医師から宣告された余命により長く生きられたりという方がいます。 イレッサの製造・販売元はアストラゼネカ社というイギリスの製薬会社で、日本と欧米で実施された第2相試験では18. 1 未曾有の副作用被害 肺がん治療薬イレッサ(一般名:ゲフィチニブ、製造販売アストラゼネカ社)の副作用によって多くの患者が間質性肺炎を発症し、死亡した事件です。 このように、イレッサの承認当初から注意喚起が充分にされていれば、これまでの薬害でも例を見ない甚大な副作用死亡被害は、防ぐことが可能だったのです。

11

イレッサ薬害訴訟とは

薬害 イレッサ

org で提供している。 2011年10月から日本医科大学武蔵小杉病院で腫瘍内科教授(部長)• 財団法人臨床研究情報センター長のは、承認前に報告された情報を適切に添付文書に反映させなかった、副作用のシグナルを過小評価した、日本では市販前臨床試験の外部妥当性の厳密な評価がされなかった、イレッサの市販後調査では日本が世界に誇る市販後全例登録制度が実施されなかった、副作用被害報告について専門家の指摘を真摯に受け止めずに適切な迅速に講じなかったとし、「イレッサによる薬害は、これまで日本において薬害を引き起こしたあらゆる要因が全て集約していると言っても過言ではない」としている。

19

Vol.340 イレッサ事件から何を学ぶべきか?その一

薬害 イレッサ

同検討会は「市販後調査は、副作用・有害事象等の情報を収集・評価し、迅速・的確に対応するとともに、その安全性等を再確認することに最大の意義がある」「製薬企業、医療機関、行政等による安全性情報の積極的な提供が望まれる」等の基本的な考え方に基づいて、市販後対策の強化等を提言した。 1 Q:イレッサの被害は防止できたのですか。

3

イレッサ薬害

薬害 イレッサ

開発段階の問題意識を市販後安全対策に引き継ぐために導入されたRMP制度の真価が問われるのはこれからである。 その後、各被害者団体から被害の実態報告がされました。 」 まさにそのとおりなのです。

20