定期 接種 実施 要領。 厚生労働省:*予防接種対策に関する情報*

厚生労働省:*予防接種対策に関する情報*

要領 実施 定期 接種

2 2種類以上の予防接種を同時に同一の接種対象者に対して行う同時接種(混合ワクチンを使用する場合を除く。 なお、被接種者が既婚者である場合は、この限りではない。 ただし、初回2回目の接種は、生後12 月に至るまでに行うこととし、それを超えた場合は行わないこと。

厚生労働省:*予防接種対策に関する情報*

要領 実施 定期 接種

3 定期的な健診の機会を利用した接種状況の確認 母子保健法(昭和40 年法律第141 号)に規定する健康診査(1歳6か月児健康診査)及び学校保健安全法(昭和33 年法律第56号)に規定する健康診断(就学時の健康診断)の機会を捉え、市町村長は、定期接種の対象となっている乳幼児の接種状況について、保健所又は教育委員会と積極的に連携することにより、その状況を把握し、未接種者に対しては、引き続き接種勧奨を行うこと。 14 急性灰白髄炎の予防接種については、次のことに留意すること。

18

2020/10/1、厚生労働省「定期接種実施要領」が改訂されました。

要領 実施 定期 接種

ア 実施規則附則第4条第1項により、残り2回の日本脳炎の予防接種を行う場合は、乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンにより、6日以上の間隔をおいて2回接種すること。

20

定期接種実施要領|厚生労働省

要領 実施 定期 接種

ウ 過去にけいれんの既往のある者• 4 ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種に、組換え沈降2価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチンを使用する場合には、13 歳となる日の属する年度の初日から当該年度の末日までの間を標準的な接種期間とし、標準的な接種方法として、1月の間隔をおいて2回行った後、1回目の接種から6月の間隔をおいて1回行うこと。 ただし、結核の発生状況等市町村の実情に応じて、上記の標準的な接種期間以外の期間に行うことも差し支えない。 また、沈降ジフテリア破傷風混合トキソイドを使用した時は、初回接種については生後3月に達した時から生後12月に達するまでの期間を標準的な接種期間として20日から56日までの間隔を置いて2回、追加接種については初回接種終了後12月に達した時から18月に達するまでの期間を標準的な接種期間として1回行うこと。

12

福岡市 福岡市の予防接種(子どもの予防接種)

要領 実施 定期 接種

ただし、予防接種の実施に適した施設において集団を対象にして行う集団接種によることも差し支えない。 ウ 都道府県知事のコッホ現象事例報告書の取り扱い 都道府県知事は、市区町村長からコッホ現象の報告を受けた場合は、厚生労働大臣あてにコッホ現象事例報告書の写し(個人情報に係る部分を除く。

8

定期接種と任意接種|ワクチン.net(ワクチンネット)

要領 実施 定期 接種

ウ バイアル入りの接種液は、栓及びその周囲をアルコール消毒した後、栓を取り外さないで吸引すること。

7